アルミ缶の上にあるミカン

松山アンテナ

2016年5月に東京から愛媛県松山市に移住しました。

MENU

愛媛県松山市に移住して2ヶ月が経ちました。

愛媛県松山市に移住してきて2ヶ月が経過しました。「松山が好きで移住してきました。」と言うと「なんもなかろう!」と聞かれます。でも、私からするといっぱいあります


今度そのいっぱいある魅力を色んな観点からまとめてみようと思っているんですが、今回はそれとは別にこの2ヶ月で感じたことを書いてみようと思います。


▼ぶたの太股に石板w
f:id:ehimeganeH28:20160713014017j:plain

◆松山の人はかなり挨拶をする

住んでるマンションの方と廊下であったりすると挨拶するようになりました。おかげさまでマンションの住民の方々とはだいたい顔見知りです。こういうの安心感ありますよね。

それだけに収まらず道端で通り過ぎた学生にも挨拶されたり、やはりみちばたで困ってると話しかけてもらったりします。

朝は元気に挨拶から!と言いますが、こういうの地味かもしれないけど嬉しいもんですよ。

◆コミュニケーションの質があがった

私のコミュニケーション能力が単純に向上したというよりは聞き手の方々の空気感に助けられているところがあるなぁと常々思っています。

ちゃんと話聞いてますよ、という感じというか会話を楽しんでいるというかそういうのが伝わってくるんですよ、会話してると。

もちろん人にも寄るので一概には言えないのですが、そういう点ではかなり出会う人には恵まれてますね。

◆食欲&体力アップ

食欲が増え、運動もよくするように。

言葉通りなんですが、趣味のランニングも頻繁にするようになり、ご飯もモリモリ食べるようになりました。

ご飯が単純に美味しいというのもありますが、これは単純に余暇時間の問題かもしれません。

余った時間が運動することになってるというのが正確かもしれないです。

街中と言えどそんなに頻繁に飲みにも行かず、東京と違って誘惑が少ないので、簡単に、なかば強引にまとめると時間の使い方を真剣に考えるようになったということですかね。

場所も変わるとこだわるポイントも変わるということもあります。

◆車が欲しくなった

ちょっとの距離でも自動車で移動したいと考えてる人が多いみたいですね。

ちなみにいま松山は猛暑で最高気温が34度近くあり、あまり遮る影も路肩にはないので私は帽子を買いました。

だからみんな車に乗る流れになるみたいですね。

東京では徒歩で行くような距離でも「え、そこまで歩いたの!?」と言われることもよくあります。

でも、僕が徒歩移動好きなだけかもしれません(笑)

休みの日は市外にドライブに行く人も多くて、アウトドアとか考えると車はそのうち買いたいです。

以上、こんな感じでざっくりまとめてみましたが、松山市の良さなどもゆくゆくまとめていこうと思います。

いつもありがとうございます。

広告を非表示にする