アルミ缶の上にあるミカン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松山アンテナ

2016年5月に東京から愛媛県松山市に移住しました。

MENU

【料理】手間をかけないで本格的な出汁が取れるという昆布の「水出し」にチャレンジしてみた。

今回は初めて自分で出汁をとってみたいと思います。


出汁をとるのってすごく難しいイメージしかなかったんですが、簡単でしっかりとした出汁が取れる方法があることを最近知りました。コスト的にも顆粒インスタント出汁よりちょっと高く感じるぐらいなので、これを気に置き換えたいと思います。

昆布の「水出し」にチャレンジ!


この「水出し」という技法はちょっと前に「昆布水」として流行ったそうですね。


ちなみにこちらのサイトを参考にしました。
www.kurakon.jp

■用意するもの

本日の主役「真昆布」。50g 410円(税込み)
f:id:ehimeganeH28:20160723214104j:plain
使うのは20g。スーパーで買いました。

100均で買った1Lの密閉できる容器(お茶とか作り置きできるやつ)

同じく100均で買った目安計(正確ではないけど分量をおよその量るため)

軟水1L(ペットボトルで和歌山の水を買いました。「やわらかい」って書いてたので。)

出汁の取り方

①昆布は水1Lに対して20gということなのでザックリ量ります。
f:id:ehimeganeH28:20160723214118j:plain

②水で濡らして絞った布巾で表面を軽く拭きます。乾燥時の汚れを取り、旨みを逃がさないため。

③1Lの容器に水を入れ昆布を浸します。
f:id:ehimeganeH28:20160723214147j:plain

④10時間浸して完成。


こちらは「株式会社くらこん」さんの動画です。
youtu.be


10時間後には美味しい出汁ができているはず。料理に使うのが楽しみ。
ちなみに1週間ほどモツらしいので常備しておくとかなり便利!!


この記事に関係ないですが、愛媛では「麦味噌」がメジャー。
f:id:ehimeganeH28:20160723214216j:plain

広告を非表示にする