アルミ缶の上にあるミカン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松山アンテナ

2016年5月に東京から愛媛県松山市に移住しました。

MENU

【南銀天街】8/20(土)~26(金)スーパーサイズミーを超える衝撃!?「あまくない砂糖の話」がシネマルナティックで上映予定!

甘い物好きには耳が痛い話。

白砂糖はカルシウム不足を招くと言われています。それをなるたけ避けるため色々考えて選ぶ習慣を身につけたいものですが、生活していくうえで白砂糖が「え!?こんなところにも使われてるの!?」と驚くこともしばしば。

なぜ白砂糖が体に悪いと言われているのか。それは精製・製造過程にあるそうです。そこは化学的な話になるのですが、簡単に言うと白砂糖は「本来自然には存在しない、化学薬品に近いモノ」ということらしいです。

「脳のエネルギーはブドウ糖のみだ」というのは耳にしたことがあるかもしれません。でもこちらは普段の食生活でバランスの良い食事をしていれば自然に補われるそうです。どうしても砂糖のような甘味が欲しいという場合は黒砂糖が良いといわれています。

確かにスーパーに行くと「白砂糖は使っていません。代わりに黒砂糖を使っています」という表記を見かけたりします。実際、黒砂糖は栄養価が高いらしいですね。

www.skincare-univ.com

 

美味しんぼの菓子対決の回で主人公の山岡が仙台の駄菓子屋さんの言葉を借りて「駄菓子の基本の甘さは干し柿である。干し柿の甘さを超えてはいけないのだ」と言及するシーンがあります。考えてみれば昔の人たちは甘さへの強い渇望はあったものの、それはあくまで「自然の甘さの延長線上」だったとはいえるのではないでしょうか。考えてみれば白砂糖がない時代のほうが長いわけですし、避けても補う術は沢山ありそうですね。

 映画「あまくない砂糖の話」のすごいところ

予告動画を見てもらうのが一番手っ取り早いんですが、定量の砂糖を60日間食べ続けるという人体実験を自分の体でやっちゃうところなんですよね。はたしてどんな変化があらわれるのか。事実を知るのがかなり怖いです。映画では60日にギュッと圧縮されていますが、毎日ある程度の白砂糖を食べているような私たちも他人事じゃないっぽいですね。まだ先の予定ですが、上映期間が短いのでご興味のある方はお早めに。

www.youtube.com

amakunai-sugar.com

 

シネマルナティック

f:id:ehimeganeH28:20160730023949p:plain

広告を非表示にする