アルミ缶の上にあるミカン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松山アンテナ

2016年5月に東京から愛媛県松山市に移住しました。

MENU

スーパーに「おっぱいアイス」が売っていたんで食べてみました【高知 久保田食品】

スイーツ

ずっと気になってる子がいたんです。

愛媛に移住してきてから風呂上がりにアイス食べるようになり、今夜はどれを食べようかスーパーで物色するんですが、ずっと気になる子がいたんです。でも、恥ずかしくてなかなか買うことができませんでした。

その名も「おっぱいアイス」

高知の「久保田食品」が出してるアイスクリームなんですが、名前がダイレクト過ぎるし、でも、補充されては翌日の夜にけっこうな量が減ってるところを何回も見てるので「かなり人気なんだろうな」とは思ってました。(ちなみに調べてみたら高知で有名なご当地アイスなんだそうです。)

f:id:ehimeganeH28:20160828213307j:plain

アイスを吸ってる熊の絵がパッケージに書いてあります。両手持ちで器用に食べてますし、なにより目が達観している様に映り、「おっぱい」というキーワードに微塵の羞恥心も感じさせません。「それほど美味しい」ということなのかも。

f:id:ehimeganeH28:20160828213345j:plain

開封したところ、その形状を見て速攻で「うおっ」と声が漏れてしまいました。ほんとうに名前通り意識して作っているんだろうな。

f:id:ehimeganeH28:20160828213419j:plain

非常にデリケートな商品です、とは

色々言いたいことは山ほどあるんですが、パッケージ後ろの「お召し上がり方」に目を通してみてください。極めつけはもちろん「非常にデリケート」というワードと「ハサミで切る場所がやばい」というミスマッチです。ちなみに触感はぷにっとしていて厚めのゴムみたいです。

f:id:ehimeganeH28:20160828213450j:plain

説明文を要約すると「かぎりなく本物の授乳に近い食感&触感」「疑似おっぱい」ってことを言いたいんだと思います。

...吸え・吸え・吸え!

取り出して切った箇所を切り(ちなみに歯で噛み切れないようなレベル)、ひたすら吸います。そのまま持つと冷たいので、私は手拭いを巻きました。

はっきり言うと、「手の温度でほどよく溶けたラクトアイスの触感」「ゴム特有の柔らかい容器の切り口から吸う」「アイスを押し出すために容器を揉む」という魔のトライアングルの行為を通して、これは完全に「まさしく疑似おっぱいや」と思いましたね。

 

味はラクトアイスのシンプルな甘さで美味いです。お値段も70円前後買えるのは素晴らしいです。

※ちなみに半分ぐらい食べ切ったタイミングと最後の方になると勝手に切り口からアイスがあふれ出てくるようになるのでご注意あれ。

 

ちなみにこの独特の容器ゴム容器アイスというようです)ですが、他にもいろんなメーカーが出しているようですね。

 

昭和時代に誕生したアイス菓子。ゴム容器は、大手ゴムメーカー(不二ラテックスなど)が手掛ける製品であり、食品衛生法の基準に適した製品が使用される。発売当初の製品は、独特のゴム臭・味であったが、ゴム製品の発達により無味無臭のものに近づいている。また、水風船で使用する製品のものよりは薄く、コンドームよりは厚い素材の生地である。

引用:ゴム容器アイス - Wikipedia

まとめ

それにしても「おっぱいアイス」のネーミングは突き抜けてて面白すぎます。美味しいし安いし、冷蔵庫に備蓄しようっと。変な背徳感がありそうですね(笑)

 

広告を非表示にする