アルミ缶の上にあるミカン

松山アンテナ

2016年5月に東京から愛媛県松山市に移住しました。

MENU

築地市場のマグロの競り見学に行く時、役立つ情報をまとめました。

東京に行く用事が出来たので、築地市場に行ってきました。豊洲への移動の時期や問題の数々にやきもきされてる方も多いのでは?

f:id:ehimeganeH28:20161028161419j:image

今回はそんな気分が暗くなる諸々のニュースなどは横に置いといて、築地市場の魅力の一端でもご紹介できればなぁと考えてます。

 

それではレッツラゴー

 

①マグロの競りが見たい。

先に言っちゃうと、僕は見れませんでした。マグロの競りの見学予約は当日現地で先着準備で定員に達すると受付終了になります。それにしても見納めになるのはいつになるんですかね...。

 

ここがポイント その①

受付時間についてHPにはこう記載があります。

 午前5時より

受付開始時刻を繰り上げる場合があります。※2をご確認ください。

※1 見学者受付は、当日、受付時間に「おさかな普及センター」1階に来られた方のみ行います。電話などによる事前予約やお一人による複数人の受付は行っておりません。御了承ください。

※2 見学希望者が多数の場合は、受付開始時刻を午前5時前に繰り上げる場合があります。また、この場合、午前5時前に定数に達することがありますので、御了承ください。

※3 休業日のほか年末年始(12月~1月中旬)も見学を実施しない期間があります。なお、休業日は「休開市カレンダー」を、年末年始の扱いは毎年11月頃に発表する「プレスリリース」をご覧ください。

引用元:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/kengaku/tsukijikengaku/

 

つまり要約する受付開始は早朝5時の受付だけど早まることもあるよ!ということです。

 

ここがポイント その②

で、僕は4:30着で受付場所に着きましたが、受付は終了していました。

 

門前の警備員の方に確認すると「受付が終了しました」とのこと。それもそのはず受付は2時からでした。そこから一時間以内には定員に達するそうです。ちなみに僕が行ったのは平日です 。

 

受付場所にたどり着くコツは「勝どき橋を目指して目指して移動すること」です。受付場所は勝どき場所のすぐたもとにあるため、築地市場で調べて移動計画を立てると時間のロスになります。

 

ここがポイント その③

「よし!2時に行くぞ!」と気合い十分のそこのあなたに向けて。

 

築地は新橋、銀座が近く、たとえ勝鬨橋を渡っても近場で2時に時間を潰せるところはコンビニの立ち読みぐらいしかありません。

 

ただ、少し歩くことになりますが、新橋駅そばに出入自由、持込自由のネカフェを見つけました。

 

http://moopa.jp/shops/mp_shinbashi/

 

僕は5時前に現地に到着して待ってる間にご飯を食べる算段をしていたので、きっちりの時間に退出しましたが、1度申込を済ませてから戻るのもオッケーみたいなのでチャレンジャーにはありがたいですね。

 

②万が一見れなかった場合

これ、僕が実際に行動した内容です。

 

ここがポイント その①

僕は築地市場内の吉野家 築地店に行きました。そうです、あの牛丼の吉野家です。

 

何を隠そう(とかいいつつかなり有名)、ここの吉野家は最初にオープンした一号店。他の吉野家と特別違うところは、カウンターが木で出来てることと店員のおじさんおばさんの元気がめちゃくちゃ良い!ってことです。

 

チャキチャキの江戸っ子、築地の雰囲気を味わいたい方は是非行ってみてください。

f:id:ehimeganeH28:20161028162804j:image

ただし、2016年11月2日に閉店するそうなので、ご注意ください。

 

ここがポイント その②

これは移住前に行いました。場外市場グルメを味わいましょう。平日早朝でも出勤前のビジネスマンはもちろん、海外から来た観光客の方々で長い列を成す店舗がかなりあります。寒いので防寒対策は万全にしておいた方が良いです。乾物やお惣菜なども買うことができるので見るだけでも楽しいですよ。

 

ここがポイント その③

友だちから教えて貰ったんですが、築地市場の忘れ物掲示板がめちゃくちゃおもしろいらしいです。友達は「明太子1欠片」とか「スッポン」とか書いてた、と話していたんですが、他にも色々落ちてるみたいですね(笑)

http://spotlight-media.jp/article/215411268373565010

 

まとめ

見学するには当たり前ですがルールがあります。品物に安易に触らないことはもちろん、ターレという乗り物や車が優先という場所が多くあります。そこを踏まえて安全に見学することをお勧めします。

f:id:ehimeganeH28:20161028162840j:image

 

 

広告を非表示にする